アンプの探求 結果報告(沼

中華アンプの価格が安価な上、工夫次第で音質がとてつもなく向上する。純セレブスピーカーはその変化がよくわかる。

今回はその探求の結果報告。

ポイントは真空管プリアンプ1台とパワーアンプ2台の駆動である

プリアンプで音質音色を整えて、パワーアンプで増幅してスピーカーに音を届ける。

さらに真空管プリアンプだと、音のトゲトゲがとれて滑らかになり聴き疲れが少なくなる。

さらにパワーアンプを左右のスピーカーで独立させる(2台駆動)ことによって、音の分離が良くなり充実する。

(マニア的にはセパレートアンプ化する話なのだが、これは高級オーディオならば最低でも数十万円かかるやり方だった。)

しかし今や中華アンプで組み合わせれば1万円台からで可能になった。

参考にした動画はこちらです。ありがとうございました。(マニアックだけどコスト的に優しい提案です)

【ベスト】プリアンプ AIYIMA T8とパワーアンプ AIYIMA A07 で29,453円

プリアンプ AIYIMA T8 Bluetooth5.0 TUBE-6N3

真空管プリアンプ

パワーアンプ AIYIMA A07 を2台で駆動させる。

T8とA07(2台)で29,453円(2022年6月11日現在)で揃えることができる。

この構成で構成で聴いてみたところ、楽器の音それぞれがしっかり聞こえ、音にパワーとリアルさが増した。大音量にしなくとも音楽を楽しめる。いいことしかない。

プリのT8は入力が多く、リモコン付きで使いやすいが、真空管の音が少し薄い感じなので、真空管好きには物足りないかも。やや高価なので試すには敷居が高い。

真空管プリの入力がRCAとBluetoothのみでいいならこちらもいい。Bluetoothがあるととかく便利。

これならばパワーアンプも含めて24,553円で揃う。

【超シンプル】プリアンプTUBE-A3とパワーアンプFX202A/FX-36A PRO で13,755円

プリアンプはRCA入力のみのシンプル構成で考えてみた。

RCA入力のみのシンプル構成

プリアンプ

TUBE-A3

パワーアンプ

FX-AUDIO- FX202A/FX-36A PRO (ACアダプター別売り)

これを2台で駆動させる。

TUBE-A3と、FX202A/FX-36A PRO(2台)で計13,755円(2022年6月11日現在)で買える。

ポイントは真空管プリアンプとパワーアンプ2台駆動である

アンプだけで最高3万円までで、明らかに高音質になる。これは中国メーカーのアンプだから実現できる価格であり、日本メーカーならちょっとあり得ない(そもそもこのような製品がない)。

AIYIMAとNFJに製品が偏ったが、今までで当たりの多いメーカーなので紹介した。

純セレブスピーカーをこれらのアンプ構成で聴くと立体感のある音になるので、アップグレードしたい方はぜひお試しあれ。

【カンパ募集中】

ゆうちょ銀行

店番098 普通

口座番号 2537478

イトウジュン

PayPal https://www.paypal.me/jun339

応援カンパは音源探求と純セレブスピーカーの開発に使わせていただきます。

Follow me!

アンプの探求 結果報告(沼” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。